平成28年9月25日(日)墨田区総合体育館武道場において、国際総合空手道連盟主催による第33回全日本空手道選手権大会が行われ無事に終了しました。
本大会は、国際総合空手道連盟の理念に基づき、フルコンタクト、ノンコンタクト、防具付、グローブ、型の各部門が設けられた大会です。
拳成会からは16名の選手がフルコンタクト部門に出場しました。
結果は以下のとおりで準優勝、3位と合わせて4名の選手が上位入賞を果たしましたが惜しくも優勝は逃してしまいました。

●フルコンタクト部門

 小学3年男子の部

井田 唯翔

準優勝

 小学4年男子の部

荒谷 晴道

3位

 マスターズ中量級

清水 保臣

準優勝

 マスターズ無差別級

佐藤 祐樹

準優勝

去年の大会においてオール1本勝ちによる優勝という快挙を果たした井田唯翔選手は、今年も優勝が期待されましたが惜しくも決勝で敗れてしまいました。
入賞した選手はおめでとうございます。
また次回も頑張りましょう。
選手の皆様お疲れ様でした。
また、大会のスタッフや審判として協力していただいた方々ありたごうございました。
以下、大会の写真です。

演武

開会式

海成[白] (小学2年男子2回戦)

凌大[白] (小学3年男子1回戦)

譲[赤] (小学3年男子1回戦)

凌大[白] (小学3年男子2回戦)

唯翔[赤] (小学3年男子2回戦)

遼虎[白] (小学3年男子1回戦)

唯翔[白] (小学3年男子決勝戦)

栞[白] (小学3-4年女子1回戦)

鼓太郎[白] (中学男子1回戦)

スカイツリー

集合写真