平成26年5月18日(日)拳成会総本部道場において国際総合空手道連盟の審判講習会が行われ無事に終了しました。
本講習会は、国際総合空手道連盟所属の各道場の先生方や生徒の参加により行われました。
内容は、ルール説明、主審・副審動作確認の後、実技(試合形式)による講習でした。
実技では、生徒が模擬試合を行うことにより試合形式で審判を行い、試合中の何かの際には、その時の審判の動作や判定が的確であったか確認しながら進められました。
試合終了後は、特に主審が要となって、各道場の先生方や生徒からの良い点、悪い点の指摘、選手からの感想等をいただいたり、審判本人も反省を述べたり、非常に良い講習となりました。
主審は、上級者で主審未経験の生徒が行い、講習会とはいえ初めてでかなり緊張したようです。
でもこのような講習会が審判のスキルアップには欠かせないので、これからも継続的に行っていきたいものです。
指導していただいた先生方ありがとうございました。
また、参加された皆様お疲れ様でした。

ルール説明等
s_P5183546.jpg

主審・副審動作確認
s_P5183560.jpg

実技(審判団の挨拶のl練習)
s_20140518_01.jpg

実技(試合形式)
s_P5183563.jpg

実技(試合形式)
s_P5183570.JPG

実技(判定や動作の確認)
s_P5183567.jpg

集合写真
s_P5183591.jpg